OITA FUKUOKA ASKAら頑張れ!

自民党員〇子が政治家と自称霊能師&霊感商法の関わりについて色んな穴見ながら提言します。Hatena Blogは操作困難です。秘書に全部書かせてます。全部秘書がやったことです。

しのぎのため?

 

 

まるで、ヤクザの構図です。

 

 

 

最初は自分の問題解決のためだったのでしょうが、

 

 

今では社会に問題を撒き散らしています。

 

 

分かってるのでしょうか?

 

 

 f:id:marumy:20161120103727p:image

  

 

「普通に暮らしていても一般社会では上に行けない人なんですよ。
 そういう人が見栄と張りだけで上に上がっていけるのがヤクザ社会であり、寂しさをまぎらわす疑似家族としての機能も持ち合わせています。」(下の?先より引用しました。)

 

 

 

f:id:marumy:20161120100859p:image

 

しあわせバター味のポテチを食べる方が、幸せです。

 

 

 

 

 

 

側近になれたのは奇跡!の今井さん…

東大合格のような奇跡!と感じたの?

 

 

 


【東大合格よりも難しい」山口組トップエリートへの険しい道】

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161118-00002366-cakes-soci


「●基本のシノギは賭博、売春、薬物

――ちなみに、組員たちはふだん何をシノギの手段にしているんでしょう?

山之内 社会からはずれた人間が組織だって稼ぐ手段はどの国でも共通していて、賭博、売春、薬物がメジャーです。ただ、日本のヤクザって、前回も言いましたけど他国に比べて公然性が高いんです。法的規制がゆるくて泳がせてもらっている側面があるから、かえって自主規制も強くて、薬物はあまりしませんね。身代金目的の誘拐、偽札の偽造なんかも海外ではメジャーだけど、ほとんど聞かないです。
 そのかわりに顕著なのが、民事介入暴力というやつです。

――債権取立てや倒産整理、競売妨害、不動産地上げといった活動を、暴力によって一挙に行うアレですね。

山之内 これは日本の組織犯罪の大きな特徴です。他国だと詐欺、脅迫の比率ってそんなに多くないんですよ。まあ、食っていく気になれば、それなりに食っていく道があるということです。それでも「ヤクザと付き合ってはいけない」というコンプライアンスがだいぶ世間に浸透していますから、民事介入暴力の範囲はせばまっていますね。

――斎藤さんはジャーナリストとして現場を取材されていて、どう感じますか?

斎藤 民事介入暴力だけでなく、コンプライアンスの浸透によってもっと合法的な仕事からも排除されだしている現状なので、大変だと思いますよ。山口組の歴史をひもとくと、組のブランドを確固たるものにした三代目の田岡さんが組員たちに常日頃言っていたのは「正業を持て」ということでした。しかし今ではその正業が持てなくなっている。結局悪いことをしないといけないと、どんどん追い詰められていっている。

山之内 もともとヤクザになるような人っていうのは、家庭環境が悪かったり、戸籍や国籍がなかったりして、普通に暮らしていても一般社会では上に行けない人なんですよ。
 そういう人が見栄と張りだけで上に上がっていけるのがヤクザ社会であり、寂しさをまぎらわす疑似家族としての機能も持ち合わせています。弁護したヒットマンの生い立ちを聞いても、親の愛情の欠落、貧困、差別など、同情を禁じ得ない例がたくさんありました。暴力団には、そうしたセーフティーネットとしての側面があることは否定できないと、私は思っています。」

 

 

 

 

 

福岡のヤクザ側弁護士も処分を受けました。

もう亡くなられたけど、お宅にお邪魔したり、○子は可愛がってもらいました。

ちょうどこの季節、秋の九州場所の頃は、お相撲さんが家に遊びにこられてましたね。

 

 

 f:id:marumy:20161120102703j:image