OITA FUKUOKA ASKAら頑張れ!

自民党員〇子が政治家と自称霊能師&霊感商法の関わりについて色んな穴見ながら提言します。Hatena Blogは操作困難です。秘書に全部書かせてます。全部秘書がやったことです。

f:id:marumy:20161214090809p:image

 

【脱洗脳の手法に則って、地味に天宮のやってることのおかしさや矛盾点を明らかにし続け、信者がいつか違和感の欠片を持ったときに自分の違和感を信じるよすがにここがなればいいなと思っています。】

 

 

信者さんが、違和感から始まり、冷静な判断ができるようになるといいですね。

信者をディスることは、被害者への気遣いや配慮の行為とは離れてると思われがちですが、被害者本人が第三者的に見た時に、「恥の文化」がある日本国で、どうとらえられているかを知る材料になると思います。

ワイドショーや週刊誌は人の人生狂わすという方がいますが、それはガセネタだった時の話ですね。

こういうことをやればどうなるか、と想定出来なければ人は失敗するんだという、見本のためにも、マスコミはあると思います。

 

私的自治の原則がありますから、やり方、表現方法、言論は基本自由です。

 

(私法とは=私人間の権利義務関係など私的生活上の法律関係を規律する法規範。民法・商法など。所有権の絶対性、契約の自由、過失責任主義などの原則が支配する。民事法。 したがって一方の権力に服するという関係にはない者同士の法律関係を定める法全体をいう。 )

 

天宮例を一つの見本として、他でも悪徳商法、詐欺の新たな被害者が増えないことを切に願います。